多様な人々と繋がり、チームを作ろう! Connect and be Connected, Make One Team with Diversity.

会長挨拶

会長のクラブ運営の方針と計画

クラブテーマ:ロータリーは新しい扉を開く:Open the New Door, Next to You
RIテーマ:ロータリーは機会の扉を開く Rotary Open Opportunities
地区テーマ:バリアフリーマインド ~相手と同じ視線に立つということ

東京中央新ロータリークラブ
2020-2021年度 会長
清宮 普美代

東京中央新ロータリークラブ 会 長 野呂 洋子

《方針》

世界的なCOVID-19感染症の広がりのなか、2020-21年度の私たちのロータリー活動は、非常時、有事の際の活動になるでしょう。例年行っていることができないかもしれません。この事態は、私たちに、新しい環境、生活様式、価値観に対峙することを促しています。それは時に、痛みをともなう大変なことです。と同時に、大きな可能性を秘めていることでもあります。とても大きな時代変化のなかで、こんなときだからこそ、ひとりでは立ち向かえないことでも、楽しく、Well-Beingに、みんなで新たな扉を開いていきましょう。
私たち自身のつながりを「結びなおし」しましょう。私たちの多様性を楽しみましょう。そして、可能性に満ちた、新しい扉の世界へ。———伝統となっている本質を基盤に、これからの標準、革新を生み出す、ロータリークラブでありたいと思います。

  1. 会費暫定減免など予算を柔軟に設定、年度内変更を含む柔軟な運用
  2. 奉仕プロジェクトの促進;COVIT-19対応、会員の専門性を生かしたプロボノ企画
  3. 会員相互理解を促進する機会を(創造的に)設定
  4. ハイブリッド例会の実施 (対面例会とオンライン例会を実施)
  5. 感染防止に留意した新しい例会スタンダードの構築 ①対面 ②オンライン
  6. 国際奉仕、交流の準備 (友好クラブ台北牡丹ロータリークラブなど)

先が見えない時代—-暗闇のなか新しい扉を手探りで探していく姿がイメージされます。新しい扉は、押してみないと扉とはわからないものかもしれません。なので、わからないので何もしないというより何かする。みんなで周囲を、とりあえず触っていったらいいと思っています。そこに、新しい扉があるかもしれないから。

《計画》

  1. ローターアクト共同提唱(引継ぎ)
  2. 奉仕活動:東京育成園への奉仕活動、中央区泰明小学校画廊巡り
  3. 会員提案のプロジェクト実施(予定)
  4. 国際奉仕活動のリサーチ
  5. 米山奨学生 パスカル、ナタリーさんの受け入れ(お世話クラブ)