多様な人々と繋がり、チームを作ろう! Connect and be Connected, Make One Team with Diversity.

会長挨拶

会長のクラブ運営の方針と計画

『我々の存在意義とは?』
奉仕と親睦を通して感じる『enjoy』

東京中央新ロータリークラブ
2020-2021年度 会長
富田 洋平

東京中央新ロータリークラブ 会 長 富田 洋平

《方針》

コロナは我々に何をもたらしたでしょうか?
働きづらさ?人との会いづらさ?生活のしづらさ?
ネガティブな感情が次から次へと湧いて来ます。

しかしながら、同時に私達は困難の中から、ともすれば新しい可能性や既存の自身の素晴らしい底力を知る機会を得たとも言えるのではないでしょうか?
それは、当クラブにおいても同じです。自粛を余儀なくされた昨年春、多くのクラブが例会を開催しあぐねていた最中、我々はいち早く変化を受入れ、スピード感をもって前へ歩を進めて来ました。

そこには、会員一人ひとりの多様性も高潔性もリーダーシップも兼ね備えた『奉仕』と『親睦』活動がありました。
IMでは多くのクラブから『愛のクラブ』と賛辞を頂きました。
変化を受入れる事は時としてストレスが掛かります。しかしながら、今この時代を生きる我々にとって、これから起こる事を受け入れるそして味わう勇気が必要だと考えます。

当クラブは今年で20周年を迎えます。

チャーターメンバー、10年目の会員、5年目の会員、新会員、様々です。多様性に富んだクラブだからこそ『整える時間』も必要かと思います。
会員同士の交流機会が減り、会えない時間が続いたからこそ『一体感』も必要かと思います。
我々は、何の為にここに集っているのか? 何故、ロータリー活動を続けているのか?
『例会』と『奉仕』と『親睦』を通して今一度、考える一年にしたいと思います。
隣人を大切に想う『愛のクラブ』であり続ける為に今一度、考える一年にしたいと思います。

  1. ハイブリット例会(リアル参加とオンライン参加)の実施
  2. 会員間の繋がりの強化:委員長主導の委員会をまたいだ交流(奉仕・親睦)
  3. 奉仕活動の強化(継続・新規)、他クラブとの連携
  4. クラブ参加意識の向上

《計画》

  1. 20周年行事開催+20年の振返り
  2. オンライン例会出席を促す為、会員間フォロー体制の確立
  3. ロータアクト共同提唱(共に奉仕活動)
  4. 委員会主導による実現可能な奉仕(国際奉仕含む)・親睦活動の模索
  5. 他クラブとの連携による奉仕、国際奉仕活動
  6. 広報活動及びIT(WEB、SNS)周りの強化
  7. 例会内において会員間のコミュニケーション機会を創出